ムダ毛

ムダ毛の不思議

俗にムダ毛といわれる毛は実際にはムダに生えているわけではありません。
腕、脇、足、陰部などに生える毛は必然性があって生えているのです。

 

たとえばワキ毛は、脇が摩擦するのを防止したり、リンパを守るためにあります。
また、脇からはフェロモンが分泌されており、それをうまく拡散させるためにワキ毛が生えていると考えられます。

 

フェロモンは異性を引き寄せる働きを持ちますから、体が大人になる思春期以降に生えてくるんですね。

 

ただ、脇は、汗と皮脂が混ざるなどして雑菌が繁殖することで、いやな臭いが発生しやすくなりますから、清潔に保っておきたいところです。

 

陰毛も、陰部を守るためとフェロモンの効率的な拡散に役立っています。
動物が陰部のにおいをかいでいるのを見たことがある方もいらっしゃると思いますが、フェロモンが尿から発生しているからです。

 

それを陰毛によって拡散させているのですが、人間にもその名残があると考えられます。

 

また、生活環境が変わることでムダ毛が増えることがあります。

 

たとえば、空気の汚れたところに住んでいると、体内に汚れを取り入れないようにムダ毛が増えるのです。

 

田舎の人が都会に出ると、鼻毛が濃くなるという話を聞きますが、これも同じ理屈です。

 

ムダ毛と忌み嫌われている存在ですが、ムダ毛とはいっても決してムダに生えているわけではないのです。

 

処理する時には、乱暴にせずに体を傷つけないように優しく処理しましょう。

時々、やたらとヒゲの濃い女性を見かけることがあります。
若い世代ではなく、おばちゃん世代の方におおいのですが(-_-)

 

結構、遠目でも目立ちます。

 

ところで、ヒゲの除毛クリームってどんなものがるのでしょう。
男性におすすめの青髯クリームというのもありますよね。

 

女性なら、男性用の青髯除毛クリームはちょっと刺激が強いかもしれません。
ま、剛毛女子もいますからその辺はご自身の判断になりますが。

 

女性のヒゲは、産毛程度ですが、先ほど冒頭でも言ったように濃い人もいます。
で、よーく見ると、そんな人のヒゲはしっかりしています。

 

産毛とは言えない...

 

こうなってしまうと、カミソリで剃毛するより除毛クリームが良さげですよね。

 

私は、毎日指毛と一緒に顔も剃りますが、すぐに生えてきます。
むだ毛の処理で意外と、面倒くさい部位です。

 

とは言え、顔だけの脱毛のみなら、うーんってちょっと考えてしまいますよね。

 

でも、全身脱毛にリスクがあるからと顔脱毛が入っているエステサロンはほとんどありません。

 

医療脱毛が良いのかな...

 


今までやっていた自分の脱毛の方法では満足できないからと、満足感の高い脱毛をやってみたいと思う方は多くいます。

 

満足度の高い脱毛をやりたい方におすすめはレーザー脱毛です。

 

特に、VIO脱毛を希望されているのなら医療レーザー脱毛を勧めます。
VIO 医療レーザー脱毛

 

VIOは脱毛の中でも特に痛みを感じる部分です。光脱毛でもそれなりの痛み。
しかも効果が弱いときてますから、何度も受けることになります。

 

レーザー脱毛は他の脱毛方法に比べてパワフルな脱毛ができますから、VIOにはもってこいの脱毛法なんです。

 

痛い思いをして受けるのですから、効果がなければ不満が残るのは当然です。
黒いぶつぶつが残ったり、ムダな毛がきれいにならないと成功の脱毛とは言えませんよね。

 

これまでの脱毛の方法に不満があるのは事実です。
レーザー脱毛は出力が強いレーザーを使って脱毛を行いますので、脱毛に通う回数も少ないし、期間も短く脱毛を終えられます。

 

忙しい女性の方にはぴったりな脱毛法でしょう。
まして、女性は美には貪欲です^^;
脱毛以外にもやらなくてはならない美容術はたくさんありますから^^

 

レーザー脱毛の人気は今後も高まっていくでしょう。
より高い効果が得られるレーザー脱毛をうけたら、他の脱毛方法では満足できなくなってしまうでしょう。

 

レーザー脱毛に切り替える女性たちが増えているのも納得できるのではないでしょうか。

 

どの部分をやるのかによって、回数も違ってきますが、だいたいは4、5回の脱毛で気になる部分がきれいになるようです。


女性よりも男性の方が体毛が濃いのは周知の通りですですが、ですが、ナゼ濃いのかと考えることって少ないと思います。

 

性ホルモンが大きく関わってきます。体毛の濃さは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによって決まるとか。

 

男性にも女性ホルモンがあり、女性にも男性ホルモンがありますが、女性が持っている男性ホルモンは男性の持つそれの5〜10%と少量です。

 

男性の持つ女性ホルモンは、女性の約半分程度です。

 

ですから、男性の方が圧倒的に男性ホルモンが多いわけで、この男性ホルモンが毛乳頭を刺激し、体毛の成長を促進させます。

 

したがって、男性の方が女性よりも体毛が濃くなり、女性には生えない部分にまで体毛が生えるのです。

 

女性の持つ男性ホルモンは微量ですから、体毛も薄く、髭や胸毛などはほとんど生えません。

 

女性ホルモンは体毛の成長を抑制させますから、一般的に体毛は薄い方ですが、ホルモンバランスが崩れると、体毛が濃くなることがあります。そんな時は、こちら⇒ミュゼ キャンペーンで脱毛を検討するのも宜しいかと^^

 

特に、更年期では女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの力が増しますので、体毛が濃くなる傾向にあります。

 

とはいえ、男性のような髭や胸毛が濃く硬く生えてくるわけではありませんが、若干は生えてくることがあります。

 

ホルモンバランスは、過度なストレスや睡眠不足、偏った食生活で崩れがちになりますので、ムダ毛を濃くしたくないならば、健康的な生活を送るようにしましょう。


近年急激にレーザー脱毛に通っている方が増えていますよね。
価格も安いし、CMでもよく見かけるようになりました。
女性だけでなく男性の「ヒゲ脱毛」なんてゆうのもあります。

 

しかし!「レーザー脱毛」といっても、みんな同じレーザーを使っているわけではありません。
今回は、身近といえども奥が深い!レーザー脱毛の種類を調べてみました。

 

アレキサンドライトレーザー

日本で最も利用されているレーザーで、永久減耗が出来ると認可を受けています。
しかし、日焼けをした肌や色黒の人には使えないこともあります。そして、産毛は反応しにくい場合があり、施術時にはぱちっと弾いたような痛みがあります。

 

ダイオードレーザー

アレキサンドライトレーザーの次に利用されているレーザーで、こちらも永久減耗の認可を受けています。産毛などにも反応が良く、色の黒い人や日焼けしている人でも使えます。ジェルを縫って施術し、針で刺すような痛みを伴うようです。

 

YAGレーザー

肌の一番奥まで熱が届くレーザー。
色黒の人や男性のヒゲなどに効果があります。そして、リフトアップなどでも使用されます。ですが、永久減耗の認可を受けていませんので、永久的ではありません。

 

ルビーレーザー

色の白い西洋人の脱毛や、シミなどを取り除く際にも使用されます。
日本人は向いていないので、日本では脱毛に使用しているところはほとんどありません

 

いかがでしたか?
これから「脱毛に行こうかな〜」なんて方は、ぜひ参考にしてくださいね!
おすすめの全身脱毛はこちらです。

 


日本人は、一般的に欧米人に比べると体毛が薄いです。

 

ただ、日本人は人種の違いからメラニン色素にも違いがあり、体毛が黒く、目立ちやすいのが特徴です。

 

対して、欧米人はブロンドの人などが多いことからわかるように、体毛が濃くてもその色から目立ちにくいのです。

 

さらに、欧米人はムダ毛の意識が高く、また、体臭予防のために脱毛する人が多いようです。

 

また、テレビや映画などで目にする、スターやモデルは見られることを仕事にしているため、特に脱毛には念入りで、女性などムダ毛が一切ないように見えます。

 

ただ、同じ日本でも北海道の人と沖縄の人では体毛の濃さに違いがあるように、人種的な違いに加え、住んでいる環境も毛深さの大きな要因です。

 

欧米に比べ、日本は寒暖の差が激しい四季がありますが、それに対応して、欧米人よりも日本人は体毛が薄い傾向にあります。

 

もう一つ、食べ物の差も体毛の濃さに原因があります。
日本人も昔に比べて体毛の濃い人が増えていますが、これは食の欧米化が原因です。

 

元来、日本人は野菜中心の薄味が中心でしたが、塩分の摂り過ぎや動物性脂肪の摂取が多いと、体毛にも影響を与え、濃く太くなってしまいます。

 

脱毛に必死になる気持ちもわかりますが、体毛を薄くしたいなら、食生活を見直し、野菜を十分に摂り入れた薄味の和食を中心にしましょう。