ムダ毛の範囲

ムダ毛という言葉はよく耳にしますが、いったいどこからどこまでがムダ毛になるのでしょうか。そこで、ここではムダ毛の定義について記してみます。

 

そもそも体毛は、性ホルモンによって大別されます。
性ホルモンとは関係しない体毛はムダ毛とは呼びません。

 

たとえば、頭髪やまつ毛、眉毛などは思春期前の小さな子供でも生えていることから、ムダ毛には当たらないことになります。

 

一般にムダ毛と呼ばれるものは性ホルモンに関わるもので、思春期から生えてくる体毛のことです。

 

ワキ毛や陰毛、腕や足、手の指などに生えるものです。
男性ならそれに加えて、髭や胸毛もムダ毛に当たります。

 

ただ、ムダ毛といっても、国や地域によりムダとは思われていないところもあります。

 

女性がワキ毛を生やしていることが当たり前のところもあったり、眉と眉がつながっているぐらい眉間に濃い体毛が生えているのが普通のところもあったり、逆に、男性でも陰毛を脱毛するのがエチケットとされるところもあります。

 

日本においては、特に女性にとっては、人から見られると恥ずかしい体毛をムダ毛と呼びます。

 

多くは美容上の観点からムダ毛と分類されているんですね。

 

つまり、医学的には性ホルモンと関連する体毛をムダ毛と呼びますが、生えていることが恥ずかしいと思われる体毛をムダ毛と定義するのが一般的です。