伸び方の違いはココにあった

ムダ毛って濃い・薄いなどの個人差がありますよね。
なにもしないのにお肌がつるつるの人や、脱毛しても脱毛してもどんどん生えてくる人などさまざまです。

 

そもそも生まれた時は、それほど体毛に個人差はありません。
毛穴の下にある組織である毛包の数は、生まれた時には男女ともほぼ同じです。

 

これが、成長するに従い、男性ホルモンの影響を受けて、毛包の成長に個人差が表れます。

 

思春期には毛包の数は安定するので、それ以降に劇的に体毛の伸び方が変わる場合は、外的な要因が考えられます。

 

もちろん人によって体毛の伸び方が違うのは、遺伝的な要素が強く、毛深い両親を持つとどうしても自分も毛深くなる傾向にあります。

 

それ以外の外的な要因とは、ストレスや肥満などによってホルモンバランスが崩れるからです。

 

男性ホルモンの割合が増加すると、体毛は濃く硬くなりますし、伸びるスピードも速くなります。

 

男性女性とも、男性ホルモンを持っていますが、男性の方が圧倒的にその量が多いため、女性に比べ体毛が濃いのです。代表的なところでは、髭などは男性にしか生えませんが、男性ホルモンが強く影響しているからです。

 

また、ホルモンバランスも個人差がありますので、男性ホルモンの割合が高い人は、女性であっても毛深くなりがちです。逆に、男性でも女性ホルモンの割合が高い人は、毛が薄く、伸びるスピードもゆるやかになるのです。

 

遺伝的な部分は仕方ありませんが、ストレスをためてホルモンバランスを崩す(男性ホルモンの作用が強くなる)と、ムダ毛も増えますから、ストレスをためない生活を心がけましょう。