日本人は体毛が薄い

日本人は、一般的に欧米人に比べると体毛が薄いです。

 

ただ、日本人は人種の違いからメラニン色素にも違いがあり、体毛が黒く、目立ちやすいのが特徴です。

 

対して、欧米人はブロンドの人などが多いことからわかるように、体毛が濃くてもその色から目立ちにくいのです。

 

さらに、欧米人はムダ毛の意識が高く、また、体臭予防のために脱毛する人が多いようです。

 

また、テレビや映画などで目にする、スターやモデルは見られることを仕事にしているため、特に脱毛には念入りで、女性などムダ毛が一切ないように見えます。

 

ただ、同じ日本でも北海道の人と沖縄の人では体毛の濃さに違いがあるように、人種的な違いに加え、住んでいる環境も毛深さの大きな要因です。

 

欧米に比べ、日本は寒暖の差が激しい四季がありますが、それに対応して、欧米人よりも日本人は体毛が薄い傾向にあります。

 

もう一つ、食べ物の差も体毛の濃さに原因があります。
日本人も昔に比べて体毛の濃い人が増えていますが、これは食の欧米化が原因です。

 

元来、日本人は野菜中心の薄味が中心でしたが、塩分の摂り過ぎや動物性脂肪の摂取が多いと、体毛にも影響を与え、濃く太くなってしまいます。

 

脱毛に必死になる気持ちもわかりますが、体毛を薄くしたいなら、食生活を見直し、野菜を十分に摂り入れた薄味の和食を中心にしましょう。