ホルモンが関与とわかっていてもナゼ女性には胸毛がないの

女性よりも男性の方が体毛が濃いのは周知の通りですですが、ですが、ナゼ濃いのかと考えることって少ないと思います。

 

性ホルモンが大きく関わってきます。体毛の濃さは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによって決まるとか。

 

男性にも女性ホルモンがあり、女性にも男性ホルモンがありますが、女性が持っている男性ホルモンは男性の持つそれの5〜10%と少量です。

 

男性の持つ女性ホルモンは、女性の約半分程度です。

 

ですから、男性の方が圧倒的に男性ホルモンが多いわけで、この男性ホルモンが毛乳頭を刺激し、体毛の成長を促進させます。

 

したがって、男性の方が女性よりも体毛が濃くなり、女性には生えない部分にまで体毛が生えるのです。

 

女性の持つ男性ホルモンは微量ですから、体毛も薄く、髭や胸毛などはほとんど生えません。

 

女性ホルモンは体毛の成長を抑制させますから、一般的に体毛は薄い方ですが、ホルモンバランスが崩れると、体毛が濃くなることがあります。

 

特に、更年期では女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの力が増しますので、体毛が濃くなる傾向にあります。

 

とはいえ、男性のような髭や胸毛が濃く硬く生えてくるわけではありませんが、若干は生えてくることがあります。

 

ホルモンバランスは、過度なストレスや睡眠不足、偏った食生活で崩れがちになりますので、ムダ毛を濃くしたくないならば、健康的な生活を送るようにしましょう。